【節約】SK-IIで最低限使う・買うべきアイテム

SK-IIは日本を代表する世界的なブランドです。

数ある有名ブランドと比較しても特別な内容。これは日本が誇るスーパーコスメと言っていいでしょう。

ただ……

値段が高い!!

化粧水で1本2万円ですからね……(まあたっぷりサイズなので思っているほどではありますが)。

SK-IIを使いたい。これできれいになりたい。きれいになれるならお金は出す!

でも……毎月の負担がきつい……

化粧水だけじゃダメ?乳液もクリームも必要?やっぱりライン使いしなきゃダメ?

と気になるはず。

答えは、SK-IIのどれか1つだけでも確実に実感できます。他のブランドだとダメな可能性が高いのですが、SK-IIだけは1つだけでも十分です。

その理由は、SK-IIが人気で売れ続けている理由に繋がります。

SK-IIがたった1品だけでも効果が出る理由

成分(ピテラ)が異常に濃い+他のを使っても結局ピテラメインだから

というのが大きな理由。

ピテラ以外の成分も魅力なんですが、やはりピテラ効果がデカすぎなので、もうそれなら1アイテムでも十分だよって話。余裕がある人だけライン使いしましょうって。

1.アホみたいに成分が濃いから

表現があれですが、本当にアホみたいに成分が濃いです。

SK-IIは他のどんなブランドより美容成分の量が多いです。全てを調べたわけじゃありませんが、化粧品の常識を逸している時点でもうNo.1と言っていいでしょう。

美容成分が濃いんだから、そりゃ1品だけ使っても効果ですわよと。

最低限のSK-IIとはどれか1つで十分、と言える最大の理由がこれです。

2.SK-IIは全商品ほぼ全てピテラベースだから

SK-IIは洗顔など除いてほぼ全製品にピテラをたっぷりと配合しています。

他のブランドだとメイン成分の濃度がイマイチで、ライン使いして初めて狙った濃度になる場合があります。

でもSK-IIだと単品で十分なピテラを肌に届けられます。

さらに追い打ちで次のSK-II製品を塗り重ねるメリットもありますが、実際のところはそこまでしなくても十分に効果が発揮されちゃうんです。

SK-IIを最低限で使っている人のパターン

  • 化粧水:約22,000円
  • 乳液「R.N.A.パワーエアリーミルキーローション」:約12,000円
  • クリーム:約16,000円

くらいがだいたいの相場です。

どれも1本2ヶ月分くらい。

1.化粧水+乳液

このパターンは多いです。

予算は1ヶ月あたり1万7,000円。

SK-II愛好者でこのパターンは、他に一切何もつけない人が目立ちます。

化粧水と乳液で肌のピテラ濃度は最大に高まります。豊富なアミノ酸が角質に水分を閉じ込め、ターンオーバーを促し透明感を作ります。

乳液にはナイアシンアミドも入っています。

これはKOSEが打ち出したシワ改善美容液の主成分です。美白成分としても配合されます。

これらや医薬部外品認定を取らないとシワ改善も美白効果もアピールできませんが、ナイアシンアミド自体に差はないのでそれらの期待も一応できます。

ということは、SK-IIの乳液を使っている限り、シワやシミに対してのケアもそれなりにできていることになります。

それにSK-IIですから、使用している成分の質、グレードにも期待ができます。

乳液もライン使いするというのは、このような付加価値もゲットできるのが魅力。他になにもいらない、2点で立派な期待できるケアが可能です。

2.化粧水だけ

化粧水だけで大丈夫?

と不安になるでしょうけど、案外といけますよ。本当に。

ただ、化粧水だけでイケるブランドを選ばないとダメ。

また、さすがに乾燥がきついとSK-IIでも厳しいです。

もし化粧水だけで大丈夫だった場合、美容液、乳液、クリームと塗り重ねているより肌はきれいになります。かなりの確率で。

クリームまで塗らないと肌がきれいにならないってことはなくて、クリームを塗らないとダメな人だけ塗ればいいだけ。多くの人が勘違いしているんですよ。

でもなかなか化粧水だけって勇気がいるじゃないですか。

SK-IIは価格が高いし中身がちゃんとしているので、SK-IIで初めて化粧水だけケアが始められる人は多いんです。そしてそのまま化粧水だけになっちゃう人が思いの外いるんですよ。

本当に最低限のSK-IIで肌は大丈夫なのか?

最低限のSK-IIチョイスで肌はきれいになるのか?

実際に効果があった人のほうが多いです。明らかに。

というのは、今まで塗りすぎていた人が多いからです。

最近は男性もスキンケアをするようになりましたが、女性より効果が出やすいです。理由はあれこれ塗らないから。女性は塗りすぎによる摩擦や、過剰な界面活性剤に防腐剤の残留、そして過剰な油分によって肌荒れしているケースが多いんです。

でもSK-IIだけに、しかも最低限の組み合わせに変えたことで、SK-II効果の前に過剰スキンケアが改善されて肌がきれいになるケースが多いんですよ~。

クリームなしで大丈夫なのか?

いつもクリームで仕上げている人にとって、化粧水だけや乳液仕上げで肌は大丈夫なのか不安になるでしょう。

かーなり不安ですが、いざやってみるとクリームなしのほうが肌の調子が良くなることが多いです。

クリームは油分と界面活性剤の量が増えます。案外と肌負担になることがあり、他のアイテムより肌に合わない率が高まります。

ですが水分が少ないため、化粧水や乳液みたいにつけてすぐピリピリするとか違和感を感じにくいのです。だからクリームは使わないともっとダメになるって勘違いしがち。

でもSK-IIは価格が高いので、できるだけ最低限で済ませたいじゃないですか。なのでクリームは買わずにやってみようって初めてチャレンジ。やってみたら「あれ?」となって今やクリームいらずなんてことに。

ただ、40代以降の女性はクリームも検討したほうがいいです。皮脂分泌量が大幅に減るので。特に目の下とか。

それでもスクワランとかオイルを1滴加えればだいたいO.K.なので、何もクリームを使わないとってことはないんですよ。

人気の拭き取り化粧水は必要ないのか?

SK-IIで売れ筋なのは、

  • 化粧水
  • 拭き取り化粧水
  • 乳液

この3つです。

特に売れています。公式の楽天SK-IIサイトランキングを見れば分かりますよ。

この中で拭き取り化粧水は最低限の中に入らないのか?

というと、最低限のSK-IIチョイスとしては弱いです。いやいい製品なんですけどね。

なぜなら普通の化粧水よりピテラ量が少ないからです。水のほうが多いんです。拭き取り化粧水のほうが。

最低限のアイテムとしては別にいいかな?って感じです。

それに拭き取り化粧水は肌に合わない人も増えますしね。

SK-IIより他を検討するべき肌質

SK-IIは意外と肌に合わない人が多いです。

理由はピテラですね。濃すぎるのといろいろ成分が入っているのが原因。悪いわけじゃないです。

以下の肌質の人は、SK-IIにお金をかける前に違うケアを検討したほうが幸せになれますね。

1.かなりの乾燥肌

SK-IIは保湿力が高いのですが、他のブランドに比べて「持続していない」ような感じになりやすいです。

なぜなら、保湿のほとんどをピテラに頼っているから。

ピテラの保湿力はアミノ酸ですが、アミノ酸はあっさりした保湿力しかありません。

他のブランドはアミノ酸メインにしていません。理由は保湿力がないと感じやすいからです。だからヒアルロン酸などもっとハッキリした保湿成分を用います。

いわば、SK-IIは乾燥肌改善アイテムとしては使いづらい。慣れないと使えないんです。ダメなんじゃなくて。

乾燥で困って仕方がないという人は、SK-IIのみじゃなくて、SK-II以外で肌を作ってからにするか、なにか他を組み合わせるべき。

2.肌が薄くて敏感肌

SK-IIは意外と肌に合わないって人が多いです。

理由はピテラ濃度が高いがゆえに、どうしても相性問題が生じやすいという点。

また、ピテラ製造時に発生すると言われている乳酸に弱い肌質の人がいるからです。乳酸は超マイルドなピーリング成分として有名です。ヨーグルトパックをしたら肌が荒れた、赤くなったという人はこれ。

使ってみないと分からないから何とも言えませんが、SK-IIのトライアルってデパートなどのカウンターか、1万円もするトライアルセットを買わざるを得ません。

ただ言えることは、これまで化粧品で合わないことが多い敏感肌の人は、SK-IIは合わない可能性があります。いきなり本製品はやめておいたほうがおすすめ。

SK-IIに刺激があるわけじゃなくて、濃厚なピテラと高い水分浸透力。肌が弱い人の角質には行き過ぎたケアになって刺激になる可能性があるってことです。

良すぎて合わないって意味ですね。

3.風呂上がりや洗顔後にすぐ乾燥する

乾燥肌だけどそこまでひどくないからSK-IIを使ってみよう。

そう思う人もいるでしょうが、風呂上がりや洗顔後に乾燥を感じるタイプも注意。

SK-IIは高い水分浸透力を誇るため、角質への水分供給力に優れています。

しかし、肌が濡れた後に乾燥するタイプの人は、セラミドが少なくて水分蒸発が激しい肌質です。こんな人がSK-II、特に化粧水でケアすると過乾燥を起こす可能性があります。

だったら乳液でフタをすればいい。

と思うかもですが、オイルでフタはできません。フタではありませんが、水分を閉じ込めることができるのはセラミドだけです。だから乳液を使っても意味は特にありません。

いやいや乳液を塗ると過乾燥しないよ?

という人も多いでしょう。

それも勘違い。

肌にオイルがあると外気と肌が触れにくくなるため、乾燥していても乾燥を感じない「インナードライ」状態になっているだけです。

肌が水、汗などに触れた後に乾燥する人は、まずセラミドを増やすことから始めるべきです。

最低限のSK-IIと組み合わせたいコスメの特徴

もし上記の肌質に該当する、もしくは、SK-IIに興味があるけど予算を重視したいという人ならセラミドコスメがダントツでおすすめ。

皮膚科学的にもベストな成分。

SK-IIよりも若干モチャッとした使い心地になりがちですが最初だけ。肌の不安が消え、SK-IIみたいに透明感がジワジワ出てきますよ。

【ダントツおすすめ】セラミド

SK-IIは高い水分供給力によって、角質のターンオーバーを正常に保つ効果に優れています。

SK-II自体が肌をきれいにするというより、SK-IIが肌本来の力を引き出すという理想の仕組みです。だから目立った保湿力とかはないのですが、本来はこうあるべき。

ただセラミドが少ないとSK-IIが逆効果になることもあります。

なのでセラミドコスメと組み合わせるのが非常に相性がいいです。

SK-IIにない部分をセラミドが補い、セラミドだけでは無理な水分供給をSK-IIが叶えてくれます。

肌が薄い、弱い人ならセラミドコスメだけがおすすめ。

角質がゴワゴワしている、透明感がない人はSK-IIの特に化粧水を組み合わせるのがおすすめですよ。

乾燥もしないし、勝手に透明感が上がっていく体験ができるはずです。

セラミドは「ヒト型セラミド」を選ぶこと

肌の一番表面にある角質層。

私達の目に見えているのはここ。キメの細かさもここです。

そんな角質層に含まれる保水量の80%をキープするのがセラミド。

セラミドコスメを使うことは、肌にとって一番ベストな選択なのが分かりますよね。

ただし、化粧品で補う場合はヒト型であることが必須。

米由来や馬由来、合成の疑似セラミドは効率が落ちます。これらは別目的かサプリメントで使うのに向いています。

肌を潤わせてきれいにする目的なら、人が持っているセラミドと同型のヒト型でないとダメなのは想像できますよね。

SK-IIと組み合わせれば完璧

SK-IIのピテラに含まれる保湿成分は主にアミノ酸です。

セラミドが80%の水分量を確保しますが、残りの20%の内半分くらいはアミノ酸が保有しています。

つまりヒト型セラミドのコスメで土台を作り、SK-IIでさらに強化。そして水分も供給。

これによって乾いて弱った肌を守りながら、同時にSK-II本来の透明感効果も引き出すことができます。

もしSK-IIが肌に合わないな~と感じている人は、まずヒト型セラミドでケアしてから使うといいですよ。

ヒト型セラミド化粧品の代表例

ヒト型セラミドの有名、売れ筋ブランドを紹介。

単純に配合しただけの製品はいっぱいありますが、原材料費がある程度かかるため、まず安すぎるのは濃度が低すぎてダメです。

安くても3,000円以上の製品。これ以下はちょっと無駄かも。

でも1万円超えはないかな?以下のアスタリフトはかなり特殊でメリットもあるので、これだけは例外。

違いはSK-II以上に分かりやすい
アスタリフト ジェリーアクアリスタ

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

洗顔後に塗る唯一の先行ヒト型セラミド美容液ジェリーです。

「肌が食べる」と言われるように、セラミド不足な肌ほどあっという間に消えてなくなります。

同時に肌から不安感が消え、化粧ノリも良くなり、特に翌日朝の肌触りが激変しています。変化が大きかった人ほど、今まで間違ったスキンケアをしていたってことです。

乾燥がひどい人はまずアスタリフトジェリーだけでケアするのがおすすめ。特にクリームなども必要ありません。SK-IIみたいに最低限のアイテムとして、これ1本でO.K.です。

ETVOS モイスチャーライジングセラム

一般的なヒト型セラミド美容液の中ではコスパに優れています。

成分内容も良くてテクスチャーも後に残らないタイプ。塗った直後は違いますが、しばらくしてからの感触や満足感はSK-IIの乳液に似ています。

これも後に引かないタイプ。塗って明らかに「塗れている」と感じるコスメはイマイチなのを覚えておきましょう。ETVOSはそれとは真逆。

非常にあっさりなのに安心感がバツグン。乾いていない肌状態というのを久々に感じるはずです。

アスタリフトはちょっと高すぎる……SK-IIも欲しいし……という人にはベストチョイスです。

まとめ

  • SK-IIは化粧水 or 乳液が最低限アイテム
  • 肌質が弱い・乾燥常連ならヒト型セラミド推奨
  • おすすめはセラミド美容液+SK-II化粧水(透明感が早い)

SK-IIは成分内容と濃度が他ブランドより圧倒的に良いです。

だから塗り重ねなくてもSK-IIらしさが十分発揮されます。他のブランドはライン使いでブランドが想定した結果、ベストな肌状態になることも多いです。

その意味では、SK-IIは最低限の使い方、チョイスで十分と言えます。

どのみち肌に合う合わないが意外とあるので、最初はベーシックな化粧水を購入。いけそうなら乳液も検討するか?もしくは乾燥具合を見てヒト型セラミド美容液を組み合わせるのがおすすめですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加